Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
雑記

若者よ!ゆとりは武器だ!

ゆとりは武器である。

他の人と違うということは、差別化されていて価値が高いということ。

ゆえに、社会にでて組織に属した時、ゆとりという武器が生きるのである。

ゆとり世代の特徴がどうの、仕事ができない、使えない、教育の失敗などと
言われていますが果たしてそうなのか?

DI_IMG_5763_TP_V

 

強力な武器を目の前にして恐怖する老害

echoes-of-war-3296916_640

もし、あなたの学校や会社に記憶力抜群の人がきて、あなたがまだ覚えられないことまで
次々と覚えてしまったらちょっと不安になりませんか?

英語ペラペラな帰国子女に嫉妬しませんか?

ゆとりもそれと同じで、ゆとりではない社会人からは、ゆとり世代は脅威に見えるのです。

英語や記憶力なら今まで知っている能力なので驚く程度かもしれないけど
今まで見た事もない「ゆとり」という武器は恐怖なわけですよ。

どんな能力か? どんな威力か? 全くわからないわけです。

ジオンの新型兵器におびえる連邦軍のよう・・・(ガンダムネタですよ。古いですよね?)

理解することをやめた老害

art-2981726_640

歳を重ねると、新しいことを受け入れることができなくなります。

日々新しい情報を収集して、勉強を怠らない人は極めてまれで、普通の社会人は
毎日の仕事をこなすので精いっぱいなので、脳みそをフルに使ってないです。

使わなくなった脳みそは、どんどん衰え、硬直化してしまうので、考えることをやめて
時代に取り残される。

会社ではこういう大人が大勢いて、なぜか脳みそを使わない人がどんどん出世して悪の組織を
形成していきます。

そんな巣窟に新入社員として飛び込めば、違和感を感じて当然です。

あなたも、あと20年経てばわかります。
20代の時に聞いた音楽しか受け入れられなくなる現実を!

流行歌なら多少耳にするし、覚えることもあるけど、ちゃんと音楽聞こうと思うと
どうしても昔聞いた曲をチョイスするようになってしまいます。

記憶力も悪くなるから、何度も何度も繰り返して覚えないとすぐ忘れてしまいます。

歳を重ねるごとに、新しいことを拒むのが人間なんです。

だからといって、若い人を馬鹿にしていい理由は無いんです。

競争社会でのゆとり

back-to-school-2629361_640

2002年に施行されたゆとり教育
政府がいきすぎた競争社会を正常に戻そうとしてゆとり教育を導入しました。
素晴らしい政策だと思っていました。

でも、ゆとり教育は馬鹿を生産するだけという誤解が一般化して
ゆとり世代は全員馬鹿だ!という固定概念が誕生してしまいました。
円周率の「およそ3」に衝撃を受けたわけです。

3.14をおよそ3にしただけでなんで馬鹿扱い?

3.1415926535897を3.14にしたら馬鹿扱いされるの?

ゆとり教育が戦後の教育から大きく変化したため、年配者が不安になって
やっぱやーめた!
と無責任に政策を批判して中止させてしまった。

実施した責任をとりたくないから、モンスターが出現したことにして
緊急事態として処理。

老害はこうやって不都合な真実を隠蔽して出世していくのです。

大人は卑怯者です

cheeky-1988746_640

大人って言葉をたくさん知っているし、経験も豊富だから若者は正義感や正論で
勝負しても勝てません。

あなたが生まれた時にもう働いていた大人との勝負はなかなか勝ち目はないです。

でも、勝負して負けてもいいんです。
それがあなたの経験値をあげてくれるから。

大人は一見正しいと思えることを言いますが、間違っていることも多々あります。

嘘をついたり、ごまかしたりするのもうまいので、真実に思えることもあります。

あなた方若者は、そんな大人にならないよう努力してください。

いづれ、今日生まれた子が社会に出てきます。
その時、その子たちから「大人は卑怯だ」と言われないように努力してください。

さいごに

icon-3288702_640

ゆとりを馬鹿にするやつはケツの穴の小さい小心者。

私たち世代は、土曜日も学校がありました。
(お昼で終わる日は「半ドン」といいます。これは明治時代に正午のお知らせとして大砲をドーンと鳴らしていたことが語源です)

競争社会で、親や教師から「他のやつらに負けるな」と言われて育ちました。

良い学校に入って良い会社に入れなければ人性終わりと言われていました。

こういった脅しががっつり染みついていて、みんなと同じでないと怒られ、みんなより劣ると怒られ、みんなより優れるとたたかれる。

私たち世代は、過渡期であったため、新しい世代がすこぶるうらやましい。

携帯も、パソコンも、ネットもなければ、テレビは自由に見れない、音楽はテレビの歌番組くらい、漫画はドラえもんとか手塚治、ノストラダムスの大予言にすがって1999年まで頑張りました。

地球が滅亡しなかったのは残念でしたwww

でも、滅亡する前提で悪事を働かないでよかったです。(セーフ!)

戦後の空気がまだ残っていた時代だったので、中途半端な正義感や、価値観のまま育ち
バブルを経験してしまったため、会社で役に立たない不良品を増産してしまいました。

ゆとりだなんだと避難されるのは我々世代の責任でもあります。

私は老害よりゆとり世代の方が好きだ!
彼らは私にない発想をもっているから。

みんな自分らしく生きて!